【40代】おじいちゃんって呼ばないで!近くの文字が読みにくい。なかなかピントも合わないぞ。

若い頃は、メガネがなくても車の運転ができた。
それが、なんかテレビの文字が見にくいなって思うようになり、運転免許の更新での視力検査で「メガネ作ってきなさい」って言われて、目が悪くなっているのに気付いたのが20年くらい前。

はじめてのメガネ屋さんで、メガネを作って以来ずーっと同じメガネをかけている。
フレームはお気に入りなので、同じのをもう1個作った。

視力はそれ以来変わってなかったのだが、どうも最近ピントが合わせずらい。

ちょっと離れた壁の時計で時間を見て、手元の資料に時間を記入。
んーって、目をシバシバさせると書く欄が見えてくる。

スマホは、メガネを外さないとよく見えない。

ずいぶん、肩こりがひどくなってきている。

また、視力が落ちてきてるのかなぁ?って思ってたが、見えないわけじゃないので放置していた。

先日、親戚で不幸があり、通夜と告別式での受付を頼まれた。
最近ではうちの方は(岐阜県)、記帳カードに記帳してもらい、受付で記帳カードと香典や、淋し見舞いや、お供え物を受け取る。
そして、お通夜での通夜返礼品、香典も一緒に出されたなら、通夜返礼品と一緒に会葬返礼品を渡すのだが、「御香典」と「淋見舞」の文字の違いがピントがなかなか合わず苦労した。

どっちも、くちゃくちゃって書いてあって、すぐ読めない。
顔を見て、挨拶して受け取るのだが、手元にある文字がスッと判断出来ないんだな。

香典を預かってきてるのでって、一緒に出されても名前を合わせるのもひと苦労。

何を渡せばいいんだ?いくつ渡せばいいんだ?ってプチパニックさ。

それがあってからの、仕事での連続ミス。
文字がちっちゃくて読み間違えてのミスに、「6」と「8」の数字の間違いミス。

よく見れば見えるんだけど、慣れって怖くてフッフーンって簡単にいつもの調子でやっちゃったら違ってた。

んー、これはまずいぞ。
視力が落ちてるのか?それとも疲れてるのか?

いや、きっと老眼だろう。

会社でも普段はメガネで、書類に記入している時はメガネを額にのせて書いている姿を見て、パートのおばちゃんたちに「おじいちゃん」って呼ばれるようになってきた。
そろそろこっち側だぞ。って言われたけど、まだまだ、若いよ。

「おじいちゃん」って呼ばないで!
って思いながらも、気になるので眼科に行こうと思う。

うまく見えないのは、とても不便で肩がこる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。