台湾旅行【飛行機に乗るぞ】

十何年ぶりかの飛行機、いつ乗るときも緊張する。
だいたいあんなでっかいのが空を飛ぶなんて考えられない。
そして高いところが苦手な高所恐怖症ときた。

もうドキドキが止まらない。
昨日から?いや旅行が決まった日から落ち着かない。

今はもっと落ち着かない。
空港は中部国際空港からの出発、無事に台湾に到着しますようにと祈るばかりだ。

今朝は出がけに荷物の再チェック。
スーツケースにベルトを付けようと思ったが、なかなかうまくいかない。
娘と奮闘すること30分、ネットで動画を見ながらなんとか巻きつけた。

防犯用というより、空港で荷物を探すのにわかりやすくしたかった。
以前海外に行ったときに、同じような荷物がグルグルしてて、なかなか探せなかったこともあり、今回は娘も修学旅行で使いたいということで、ピンクの目立つベルトにした。

中部国際空港に到着後、チェックインカウンターで搭乗手続きとスーツケースを預けた。
周りを見渡しても、同じ色のスーツケースとベルトの組み合わせはない。
よっしゃ、分かりやすい!

荷物を預けて、ちょっと安心。もつかの間、だんだん飛行機の時間が迫ってくる。
とりあえずもう少し時間はありそうだ、タバコ、タバコ。

喫煙所を探し一服して落ち着く、台湾まで約3時間タバコが吸えない。
もう一服しておくかって2本目に火をつける。

一緒に旅行する仲間は、落ち着いたものでゲームをしたり食事をしたり。
これから空を飛ぶのに、よくこんなに落ち着いていられると感心する。

落ち着かないので、もう1本タバコを吸い国際線出国審査場へ向かう。
手荷物検査もセキュリティチェックもOK!
税関を通って出国審査を受け、搭乗ゲートへ向かう。
そうそう、トイレも行っとこう。

どんどん時間が迫ってくる。
怖い、コワイ、落ち着かない。

そわそわしていると、搭乗開始のアナウンスが。

よし、しょうがない諦めた。
もうどうにでもなれ!ってな感じで飛行機に乗る。
自分の座席に座って、シートベルトをしたら動き出すのをじっと待つ。

スマホは機内モードにしたっけ?
スマホも自分も機内モードで、走り出した飛行機のGに耐える。
あっという間にふわぁっとした嫌いな感覚。

浮いた、すげえ浮いた、飛んどるやん飛行機。
みるみる昇って雲の上、足は相変わらず踏ん張ってるけど、仲間たちは気づいていない。

みんな映画見始めたり、音楽を聴いたり、もう余裕である。
自分はというと、やっぱり落ち着かないので寝ることにする。

ウトウトし始めると機内食の時間。
もう何を食べたかも覚えていないが、スイカはあった。
そしてパイナップルケーキ。
お腹も膨れて爆睡モード。

起きた頃には台湾に着いちゃった。
よかったぁ、無事に台湾に到着したぁ。

とりあえずは一安心、帰りの飛行機のことは考えず台湾を満喫しようと思う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。