パスポート受け取り

先週、やっと書類を揃えパスポートの申請をした。
申請書戸籍抄本は息子に頼み、取ってきてもらっておいた。

写真は休みの日にスーパーの前に置いてある証明写真機で撮影。
小銭が800円しかなく、ノーマル撮影になったが、あと100円あったら男前ってので撮れた。
どんな男前になるのか気になったが仕方ない。

期限切れのパスポートをどこにしまい込んだか探すのに手こずったが、無事発見。
あとは免許証を嫁さんに預けて、代理申請で仕事終わりに走ってもらい、無事一発で申請できた。

■持って行ったもの

  • 一般旅券発給申請書…1通
  • 戸籍抄本…1通
  • 写真…1枚
  • 本人確認書類(免許証)
  • 期限切れの旅券

以上、5点と

一般旅券発給申請書の裏面にある「申請書類等提出委任申出書」の記入
そして、嫁さんの免許証(代理提出者の本人確認書類)

待ち時間もなく、5分くらいで申請は終わったみたいで、思ったより空いてたらしい。
18時あたりからは、ぼちぼち人が増えたみたいだが、大したことはなかったみたい。

受け取ってきたものは、一般旅券受領証という薄いピンク色の用紙一枚。

これには受取開始年月日が書いてあり、ちょうど1週間後だ。
思ったより早く出来る。

受け取りは必ず本人が来なさいよっていう注意書きがあり、受取場所は申請した窓口、受取時間は平日なら19時まで、日曜なら16:30まで。

あとは受取時の持ち物と印紙を貼る欄がある。
どうやら大事な用紙のようだ。

そして1週間後、パスポートの受け取りに行ってくる。
なんとか定時に仕事が終われば間に合うはずだ。

■持って行くもの

  1. 受領証

    ※申請の時もらってきた用紙

  2. 手数料

    ※収入印紙    14,000円(10年旅券) 9,000円(5年旅券)
    ※岐阜県収入証紙 2,000円

手数料の収入印紙と収入証紙は、申請に行った時に売店で購入済みなので受領証に貼り付けておいた。
収入印紙は郵便局収入証紙は銀行で購入しないといけないので、申請時ついでに売店で購入したほうが簡単みたいだ。

あとは受け取りに行くばっか。

パスポートの申請についてはこちら、パスポートを作らなければ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。