オババの米寿祝い

オババの八十八の誕生日、米寿の祝い。

家族、親戚、孫、ひ孫、みんな集まり盛大に祝う予定だったが、オババの体調が悪く退院してきたばかり。
もっと元気になってからオババ姉妹も招待して、無理しないでいいように、しばらく延期ということに。

「ばぁーちゃーん、誕生日おめでとー」

朝からひ孫の娘たちがオババに叫ぶ。
どうやら聞こえていない様子。

もう一回、

「ばぁーちゃーん、誕生日おめでとー」

なんども叫んでやっと届いた。

「ありがとー」

オババも叫ぶ。

あとはいつもと同じ1日が始まり、それぞれが、それぞれのことをやる。
いつもと同じ晩ご飯、いつもと同じ感じに会話して、プレゼントは湿布とボックスティッシュ。
たくさんないと心配になるらしい。

明日はパーマをかけに行くんだと。

うろうろ散歩にも出かけるし、結構元気やん。

よかった。
これからも、元気で健康で

米寿の祝い

米寿は88歳の長寿の祝い。
米の文字をバラバラに分解すると八十八になることから、数え年で88歳をむかえる年にお祝いをします。
米寿の色は金色・金茶色・黄色

かつては、還暦(60歳)、古稀(70歳)、喜寿(77歳)の次に行われる最後の長寿の祝いだった。
その後、卒寿(90歳)、白寿(99歳)、百寿(100歳)が加えられたらしい。

昭和4年(1929年)の出来事

  • NHKのラジオ体操が全国放送
  • アカデミー賞の第1回の授与式が行われる
  • 女優オードリー・ヘップバーンがベルギーで誕生
  • ドイツの誇る世界一周ツェッペリン号が霞ケ浦に着陸
  • ニューヨーク市場が大暴落 世界恐慌が始る
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。