【うちの掟】靴下を裏返しに脱いだら・・・

うちには厳しい掟がある。
たいていの事はなんでも笑って許してくれる、心の大きなうちの嫁。
見た目もだんだん大きくなってきた気もするが、まぁそこはお互いあんま気にしてない。

結婚して20年、唯一許してくれなかったのが、靴下の脱ぎ方。

裏返しに脱ごうもんなら、そのまま洗濯。
そして、そのまま干して、たたまれる。

なので、つぎ靴下を履くときは、自分で表向きに直して履くことになる。
もしくは、裏返しに履かなくてはいけない。

当然、子どもたちも同様だ。
娘のバレーの長いソックスは、いつも裏返しになってた。

うちの嫁さん曰く、裏返しに脱ぐヤツが悪い。
なんで、そんな事が出来ねーんだ!!って怒られる。

確かに、おっしゃるとおりなのです。

その甲斐あってか、いまではオヤジは靴下裏返して脱がない。
たとえ裏返しに脱いだとしても、表に向けて洗濯カゴに投入している。

子どもたちは、いまだに靴下は裏返しに脱ぐらしい。
なので、毎朝表に直して履いているようだ。

いつになったら直るのか??

なんで、そこまで靴下の脱ぎ方だけは許してくれないのか聞いたことがある。

自分も、むかしお母さんにやられていたそうだ。
そうか、受け継がれていくもんなんや、靴下の脱ぎ方。

きっと娘たちが嫁にいき、家族の靴下が裏返しだったときは、裏返しのままなんやろうな。

その前に自分の靴下を、ちゃんと脱げるようにならないかんけどな。
まぁ、それまでは嫁にいく心配なしか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。